読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストの"はてな"

セラピストの"はてな"はクライアントを幸せにする為の種。10年未満のセラピストの為のヒラメキと知識の辞典

頭蓋骨へのアプローチ

頭蓋骨 参考 勉強会 セミナー

肩こり、首コリ、ストレートネックにも対応できてしまうのが側頭骨だ。

 

その中でも重要なポイントととして

「乳様突起」

 

f:id:entas5:20160623181308j:image

この部分。

 

触ると硬くなっていることが多い。

骨なので、硬いのは当たり前だと言われるかもしれないが、頭蓋骨は、脳脊髄液の循環を促すポンプの役割りをしている骨の集合体。

実は、思った以上に柔らかい。

 

乳様突起が硬くなっていると、肩こり、首コリになっていることがほとんど。

この部分を柔らかくするだけで、肩こりなどには、根本的な施術になる。

 

f:id:entas5:20160623181610j:image

 

術者は、頭方に位置する。

写真の様に、乳様突起を示指、中指で軽くコンタクト。

そのまま骨をキャッチした状態で小さく優しくクリクリと時計回り、反時計回り、どちらか抵抗感が少なく"回しやすい方向"に回す。

 

 

20秒もしなくていいくらいで、乳様突起、側頭骨は柔らかくなる。

 

 

肩こりの施術にぜひ活用してみてください。

 

 

7月1日(金)

13:00〜16:00

頭蓋骨調律・勉強会開催

「側頭骨・頭頂骨へのアプローチ」

新規参加:20,000円

 

全5シリーズ