読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストの"はてな"

セラピストの"はてな"はクライアントを幸せにする為の種。10年未満のセラピストの為のヒラメキと知識の辞典

原因はひとつとは限らない

例えば、「腰が痛い」という症状があれば、何か原因があるから痛みになる。

何もなければ、痛みは起こらないから。

そんなことは当たり前ですが

よく、原因は○○だ!と特定するものを見る。
そして、○○エクササイズ!これさえやっておけば治る!
骨盤を矯正すれば治る!
根本原因は骨盤のゆがみだ!


もちろん、○○も原因になっているし
それではない、○○も原因となってもいる。

原因はひとつとは限らない。

 

 

カイロプラクティック鍼灸や整体、操体、気功、マッサージなど様々な手技があり
全然別の手法でやっても、それぞれ治るし
この手法では、○○がすごく良くなったけど、あの手法では○○がすごく良くなった!

ひとつひとつ、様々な原因を、それぞれ治しているから、治る。

ぼくたち治療家は、原因はコレ!と
ひとつに絞らない事が必要だ。
できるだけ多くの原因を見つけ、的確にそれらを整える
手技の引き出しの数や知識の量が重要。
と、ぼくは思う。


腰痛の原因は、腰自体が原因となっていることもあるし、腕が原因していることもあるし、内臓が原因していることもある。


レントゲンやMRIでは、腰椎のゆがみやヘルニアが原因していると診られるし
ゆがみやヘルニアを整えるよう手技を加えなくても、痛みを消す事もできる。

 

ぼくは、頭蓋骨と内臓の施術でいろんな症状を治す!
というイメージが付いてきている感じなのですが

そこだけではない
骨格筋の施術もするし、別の手法もあるし、いろんな目線も持って施術しています。