読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストの"はてな"

セラピストの"はてな"はクライアントを幸せにする為の種。10年未満のセラピストの為のヒラメキと知識の辞典

腰から頭痛

女性に多いのが

腰からの頭痛。

 

ホルモンバランスによる頭痛です。

 

普通、頸椎や上部胸椎のサブラクセーションなどを疑いますが

生理に伴う頭痛は、腰椎〜仙骨・腸骨を整えると緩和させる。

頸椎などを施術しても、結果が思わしくない場合は、別の箇所へのアプローチもしてみましょう。

 

*頭痛の箇所と引き金となる箇所*

 

生理に伴う頭痛→生殖器系の問題

(男性の場合は、腰の痛みなどを指標にする)

 

偏頭痛→甲状腺や副腎の問題

側頭部、後頭部の左右どちらかに偏る。

この場合、むくみを伴う場合は副腎、疲労感、発汗しない、し過ぎるなどの代謝に関係するなら甲状腺を疑う

 

頭頂部の頭痛→胃の問題

(食後の激しい頭痛など)

 

眼底痛・目の鈍痛→C5〜T2、蝶形骨

または、前頭骨、後頭骨

不眠を伴う場合、OCC、C1(後頭下筋群)

 

注)カイロプラクティックのアジャストメントをする場合は、交感神経と副交換神経のバランスを考えてアジャストメントすること。

C1をアジャストしたら、C6以下をアジャストしない…など

 

f:id:entas5:20160719093614j:image