読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストの"はてな"

セラピストの"はてな"はクライアントを幸せにする為の種。10年未満のセラピストの為のヒラメキと知識の辞典

小児アトピー ぜんそく アレルギー 免疫力低下

参考 内臓

f:id:entas5:20160624201635j:image

 

小児アトピーぜんそく、アレルギー、免疫力低下で風邪をひきやすい

すぐに熱を出す

など、肝臓の機能低下を整えましょう!

これは必須だと感じています。

そして、予防指導も。

 

赤ちゃんは産まれてすぐワクチン、予防接種の嵐です。

大人でも、抗生剤や痛み止め、睡眠薬、筋弛緩剤などを飲んだ後、身体がだるくなります。

(感じない人は要注意)

子どもは小さな身体で、いくつもの薬を肝臓で処理します。

肝臓は疲れ切ってしまう。

身体の浄化をしっぱなしで細胞活性に力を使う事が難しくなります。

肝臓の機能低下は、元々日本人はそうなりやすい体質の様ですが、近年は薬や添加物の影響で昔とは比べものにならないほどでしょう…。

 

だから、小児アトピーぜんそく、アレルギー、免疫不全が増え続けている。

そこへもって、ステロイドなどのホルモン剤

治るわけない。

小児アトピーステロイドを使うと、大人になってもおさまりません。

それはステロイド剤の作用によって作られた人工アトピーだからです。

治すのは容易ではない。

 

だから、小児アトピーは薬ではなく肝臓や内臓への施術で治さないとダメ。絶対。

 

内臓を活性化するには、体液循環を良くすることが大前提なので、頭蓋骨の施術は必須でしょう。

またテクニックについては、簡単なものは公開します。

合わせてセミナーも行っていますので、ぜひご参加ください!

子ども、日本の未来のために。