読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストの"はてな"

セラピストの"はてな"はクライアントを幸せにする為の種。10年未満のセラピストの為のヒラメキと知識の辞典

体内圧力が必要

体内圧力がないと、体液循環が起こらない。

体内圧力が逃げる、体の膨張状態を作る、背筋を伸ばして胸を張る姿勢維持は、良いことはありません。

 

背筋を伸ばす動きは、動作であり、維持すべき姿勢ではない。

 

今、福岡市内の小学校では、授業が始まる前に、「腰骨を立てて、背筋を伸ばして、胸を張った良い姿勢で勉強しましょうー」

という悪習慣を植え付けているらしい。

 

恐ろしい。

 

体内圧力が必要|ともナチュラル整体院 福岡市 姪浜駅から徒歩3分の頭痛と肩こり自律神経専門院

 

アメブロ参照

 

 

背筋を伸ばすと、胸郭が広がり、胸腔を広げる。

圧力が逃げた体は、圧力がかかりやすいように、広がりった腔に脂肪を詰め込み、内臓機能や体液循環を維持しようと無理にがんばります。

 

 

憎っくき脂肪は、実はあなたを守っているのかも知れません。

 

 

ダイエットしたければ、腔をしぼませる事が先決ですね。

 

成長を促す○○

たくさん、良い言葉を掛けてもらうこと。

 

成長を促す、大きな存在と出会うこと。

 

それは、先輩でも師匠でもいいし、家族でも、友達でも、クライアントさんでもいい。

 

勇気と希望が湧きます。

ポジティブになれます。

あの人ならどう思うか?

あの人ならどう動くか?

あの人ならどう対処するか?

あの人ならどんな言葉を掛けるか?

 

そして、そこに自分の経験や学びを添えて、オリジナルを作っていく。

 

大事なことは、天狗にならないこと

傲慢にならないこと

謙虚に、まごころを忘れないこと

 

 

 

f:id:entas5:20170307020914j:image

 

 

 誰かに、良い言葉を掛けてあげられた時、あなたもまた成長しているはずです。

 

心優しいセラピストさんへ

クライアントさんは、

技術を受けに来ている訳ではありません。

 

上手に越したことはない。

上手にしないといけないのは当たり前。

 

でも、クライアントさんは

あなたに会いに来ている。

あなたにお金を払っている。

サービスに対してお金を払っているのではない。

 

神の手を持つセラピストのところに行っても、満足しない人もいます。

 

それは、神の手を持つセラピストとは、仲良くなれなかったから。

 

どんなに上手な施術をしてくれるセラピストでも、クライアントさんと相性が合わなければ、他のお店に行く。

 

 

あなたは、他の人と比べなくてもいい。

あなたは、あなたのクライアントさんにベストを尽くして、思いやりを持っていれば、それでいい。

 

 

あなたのクライアントさんは、あなたに出会うべくして出会う。

 

 

f:id:entas5:20170305171154j:image

画像診断に惑わされるな

整形では、レントゲンなどの画像診断で、平面図で平面的に動きのない状態で診て、判断してしまいがち。

 


でも、人間は動くし、立体的だし、奥行きもある。
心もある。
「原因不明だ!」言われたら、心もひずみができる。

 

 

必要な時もあるだろうが、レントゲンなどの画像診断は、場合によっては、しょうもない先入観を入れてしまう。

 

カイロプラクターに多いのが、レントゲン写真でサブラクセーションを見て、そこをアジャストメントして、満足する。

 

しかし、それは局所的にしか見ていない。

 

もちろん、モーションパルペーションなども加えて検査は行うだろうけど、余計な先入観があるのと、ないのとでは、結果はかなり違う。

 

サブラクセーションは、なぜ、サブラクセーションにならなければいけないのか?

という原因を追求することを忘れてはいけない。

 

 

 

その「平面図」に答えはない。
目の前のクライアントさんを見て、診て。
聞いて、聴いて。

 

 

f:id:entas5:20170303183545j:image

 

レントゲン映像は、影絵みたいなもんです。

ほんの数ミリ角度を変えるだけで、映る映像はまるで違う。

 

 

原因を見つけて、それをクライアントに伝える。

それだけでも、クライアントの症状は改善したりもする。

それは、心の部分です。

 

心は、体を変える。

 

原因不明と言われたら、体は硬くなる。

だいじょぶですよ。と言われたら、体は柔らかくなる。

 

 

奥行きのある治療を目指してみましょう。

 

顔の傾き

顔の傾きは、単に左右に傾いているわけではありません。

 

頭蓋骨も捻れてしまいます。

 

今日もアメブロに書いた記事をシェア。

顔の傾き、ゆがみが気になってしょうがない!|ともナチュラル整体院 福岡市 姪浜駅から徒歩3分の頭痛と肩こり自律神経専門院

 

 

↑を読むと、気付くかもしれませんが、やはり側湾症も、平面的に背骨の湾曲が横に曲がっているだけではなく、捻れが加わっています。

 

ゆがみは、平面で捉えるのではなく、立体として、奥行き、内面、なども視野に入れ、診立てて行かなければなりません。

 

胸椎が右に湾曲してるから、左に向けて押さえる!

腰椎が左に湾曲しているから、右に向けて押す!

みたいな平面的な施術は意味がありません。

 

いびつな湾曲の先には何があるのか?

(内臓の位置は?筋や靭帯などはどのように捻れているのか?など)

 

平面図を頭の中で、立体的に想像、創造してみましょう。

整体ジュークボックス

早速ご参加頂いた先生から「試したよ!」のご感想をいただきました!

その日から使える♪♪
効果的に使える☆
クライアントの対応幅が広がっていくと思います。

ご参加の方のリクエストに応えて、症状改善の方法を一緒にその日に作っていく、『整体ジュークボックス勉強会』です。

毎回、どんな症例が出るか?どんな技の組合せにするか?
その時にならないとわからない!
楽しい勉強会になっていけばいいなー(^ ^)

 

f:id:entas5:20170225000034j:image

 

 

勉強会|ともナチュラル整体院 福岡市 姪浜駅から徒歩3分の頭痛と肩こり自律神経専門院

アメブロでも、勉強会について。

『施術のキモ』の部分を書いております。

興味ある方は読んでください(^ ^)

フレキシブルに対応する

マニュアル、テンプレートの通りだけでは上手くいかなくなってきます。

 

症状にやり方を合わせるのではなく

クライアント自身に、術を合わせていく。

型にはめるのではなく、フレキシブルに対応する。

 

 

  • ○○症には、コレ!
  • ○○痛には、ソレ!

 

だと、上手く行くとき、行かないときが出てくる。

 

マニュアル通りにしか、やってないと、何故上手くいったのか?

何故上手くいかなかったのか?

がわからない。

 

ということは、成長しない。

 

 

このクライアントさんの生活スタイルや仕事での動作、体の使い方はこんな感じだから、こうやってみるか…。

 

 

整体、マッサージ、エステ…体を扱う術はいつもフレキシブルだ。

 

 

2/24・3/10はそういう勉強会です。

 

 

2/24

10:00〜13:00

残り3名

 

3/10

13:00〜16:00

残り5名

 

会場:ともナチュラル整体院

福岡市西区姪浜駅南2-2-16-203

 

連絡先

メール:t.natural.chiro@gmail.com

電話:080-7179-9696

 

参加費:6,000

 

 

f:id:entas5:20170220200416j:image